スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

小説ふたなりティエ

 風邪引いた・・・。
なので今日はほんっとに久々に家でゆっくり過ごすことに。
ああ、幸せ。しんどいけど。
だって妄想三昧・・今から一回しか見られなかった7話見るよ!

11月・・だぶるおーに本格的にハマリ始めて早一年だと昨日気付く。
見始めたきっかけは公式の兄貴に一目で狙い撃たれたからだったな・・・と過去を懐かしむ。
正直、釣り人ファッションとコードネームには???だったけど、モロ好みだったから(笑)
ティエは男装してる美少女に違いない・・!いずれ他のマイ☆といちゃこらあんだろなぁ・・・・
と勝手に想像してましたよ。
まぁ本編はその予想のはるか斜め上をいったワケですが。
8話・・女装が楽しみすぎて眠れん!

いつもロ クティエを書くときにティエよりも先に兄貴が欲情して襲いかかるパターンになってしまう
んだけど、
兄貴好きすぎて兄貴とHしたくていつも身体が疼いてる奉仕型淫靡ティーたん って
どうよ・・と最近考える。
以下しょーもない妄想↓

二人は一緒に住んでる。
兄貴は普通に勤め人。ティエは主婦。
おきぬけに一発は毎朝の欠かせない習慣。
兄貴が出勤後すぐに寂しくって欲しくなってしまうティエ。
兄貴が帰宅するなりどうしても我慢できなくて玄関で速攻咥え始めたりする。
「・・ったくお前は・・ほんっとに我慢できねぇよな」とか言いつつ極楽気分の兄貴。
ようやくありつけた兄貴のお●●ぽに幸せいっぱいのティエ。
お風呂でティエは毎日兄貴の全身をくまなく洗ってあげてる(もちろんお口でも綺麗にします)。
お返しに兄貴は白濁塗れのティエを中も外も綺麗にしてあげる(既に事後です)。
ティエは兄貴が出張で家を空けてる間、あちこち疼いて仕方なくって、しくしく一人で泣いて悶々と過ごす。
兄貴はそんなエロティエが可愛くって仕方ないけど、ドエスだからしょっちゅういぢわるしてしまう。
ちょっとお触りして半日放置とか、焦らした挙げ句目の前で強制ひとりHとか。
ちなみに休日は裸にエ プロンが基本です。

そんな爛れた汁だく新婚ニ ルティエ妄想勃発。
か、書いてみようかな・・ここでひっそりとちょっとずつ・・・・・ダメ?萌えない?

続きに ふたなりティエ おいときます↓






続きを読む >>
| 小説ふたなりティエ | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

小説 ,佞燭覆螢謄エ

だいぶ前に書いて、没にした話ですが、ここで分割してちょっとずつ上げていきたいと思います。
エロしかないのでお暇つぶしにでも・・。
ふたなりティエと兄貴のお初です。

よろしければどうぞ↓

続きを読む >>
| 小説ふたなりティエ | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--